四国植物防疫研究協議会
会員専用ページ お問合わせ

コンテンツメニュー

トップページ
当協議会について
投稿についてのご案内
入会のご案内
活動実績
四国4県連携侵入病害虫防除対策連絡会
第60回四国植物防疫研究協議会大会
第61回四国植物防疫研究協議会大会
バックナンバー
関連リンク

(庶務事務局)
〒781-5231
高知県香南市野市町深渕本田1211
一般社団法人 日本植物防疫協会
高知試験場内
 TEL:0887-56-1414          
 FAX:0887-56-3414
(編集事務局)
〒799-2405
愛媛県松山市上難波311
愛媛県農林水産研究所 農業研究部 病理昆虫室内
TEL:089-993-2020
FAX:089-993-2569
(大会開催事務局)
〒761-2306
香川県綾歌郡綾川町北1534-1
香川県農業試験場 生産環境部門
TEL:087-814-7315
FAX:087-814-7316


前のページへ >
23号

生体防御システム−植物の病気はなぜ自然治癒するのであろうか?−・・・・・浅田泰次

害虫の総合防除・・・・・小山重郎

圃場より分離したイネ紋枯病菌のバリダマイシンA感受性検定法の一事例・・・・・末富敬止郎・片山俊郎・吉見里子・大原一能

イネばか苗病に対する各種EBI剤の効果・・・・・安永忠道

ムギ類赤かび病の発生と気象との関係・・・・・上田進

エンドウベと病に対する薬剤の防除効果・・・・・金磯泰雄・原田真治

タマネギの//Botrytis//属菌による葉枯症に対する各種薬剤の防除効果・・・・・安永忠道・青井俊雄・重松喜昭

栽培条件がトマト斑点細菌病の発生に及ぼす影響・・・・・金磯泰雄・貞野光弘

人工条件下での氷核活性細菌による野菜の凍害発生に及ぼす諸要因の影響・・・・・後藤孝雄・稲葉忠興・後藤正夫

永核活性細菌 //Xanthomonas campestris// によるブロッコリーの凍害の防止に対する殺菌剤の効果・・・・・後藤孝雄・稲葉忠興・後藤正夫

カボチャ台接ぎ木キュウリの萎凋株から分離されたキュウリモザイクウイルスおよびズッキーニ黄斑モザイクウイルス・・・・・岩崎真人・稲葉忠興 
 
農地土壤中の有機塩素系殺虫剤−高知県香長平野での調査例・・・・・平野千里・鈴木秀昭・堀池道郎

===== 本会記事 =====

===== 規約役員 =====

目次