四国植物防疫研究協議会
会員専用ページ お問合わせ

コンテンツメニュー

トップページ
当協議会について
投稿についてのご案内
入会のご案内
活動実績
四国4県連携侵入病害虫防除対策連絡会
第61回四国植物防疫研究協議会大会
第62回四国植物防疫研究協議会大会
第63回四国植物防疫研究協議会大会
バックナンバー
関連リンク

(庶務事務局)
〒781-5231
高知県香南市野市町深渕本田1211
一般社団法人 日本植物防疫協会
高知試験場内
 TEL:0887-56-1414          
 FAX:0887-56-3414
(編集事務局)
〒721-8514
広島県福山市西深津町6-12-1
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
西日本農業研究センター内
TEL:084-923-4100
FAX:084-924-7893
(大会開催事務局)
〒783-0023
高知県南国市廿枝1100
高知県農業技術センター内
TEL:088-863-4915
FAX:088-863-4913


前のページへ >
12号

 イネ馬鹿苗病の防除に関する研究 第1報 浸種中における感染・・・・・石井正義

徳島県における昭和51年度箱育苗のごま葉枯病多発生原因と薬剤防除・・・・・山本勉・金磯泰雄・須藤真平・山下定利・岡田小太郎
 

次亜塩素酸カルシウム剤によるトマト萎凋病菌およびキュウリつる割病菌の殺菌効果・・・・・本間善久・久保千冬・石井正義
 

太陽熱による密閉ハウスの高温処理が土壌中のFusarium oxysporumの生存に及ぼす影響・・・・・西内美武・森本松男・中越謙三・斉藤正
 

べと病菌による高冷地特産秋大根の根部黒変症“イレズミ症状”について・・・・・重松喜昭・橘泰宜・広田耕三
 

高冷地における夏採りレタス裾枯病の発生と防除について・・・・・重松喜昭・橘泰宜

水管理,とくに夏季の落水がハス腐敗病の発生におよぼす影響・・・・・山本勉・金磯泰雄

シルバーポリマルチによるヒオオギウイルス病の防除・・・・・以西信夫・川尻啓介・日和田太郎

抵抗性ツマグロヨコバイに対するIBPと有機りん系殺虫剤の前後施用による共力作用・・・・・吉岡幸治郎

ハスモンヨトウの発生機構に関する研究(?)ハスモンヨトウ幼虫の摂食促進について・・・・・橋田信行・高山昭夫
 

カブラヤガの生存曲線と生命表の発生世代あるいは密度による変化・・・・・新家義三・尾崎幸三郎・宮本祐三
 

カブラヤガ幼虫に対するクモ類とヒメハナカメムシの捕食能とハクサイ畑における密度の季節的変化について・・・・・尾崎純士・尾崎幸三郎・岡本秀俊
 

ドウガネブイブイ成虫の生態に関する2・3の知見・・・・・吉岡幸治郎・松本益美
 

本会記事
 
規約役員
 
目次